当店の取り扱いブランドのエンゲージリングにセットされるダイヤモンドについての説明を致します。

当店のオンラインショップのダイヤモンド表記について

商品ページごとにダイヤモンドの詳細が記載されています。 

表記例① ダイヤモンド

0.25ct/D/VS2/EX
ラウンドブリリアントカット

※グレード変更可能。
ご希望の方は、お問い合わせください。

表記例② ダイヤモンド

0.2ct
バゲットカット

※グレード変更不可。

 

表記例の見方

● 4C表記
『 カラット / カラー / クラリティ / カット 』の順番に記載しております。(写真に使用しているダイヤモンドに基づく)

●ダイヤモンドのシェイプ(カットの種類)

●グレード変更の可・不可について

『グレード変更可能』… 4Cの変更が可能です。メールにてお問い合わせください。

※変更希望のご連絡がない場合は、表記のグレードにてのオーダーとなりますので、予めご了承ください。

『グレード変更不可』… 4Cの変更が不可になります。ブランド任意のダイヤモンドがセッティングされます。

 

 "ダイヤモンド" のグレード基準『4C』について

ダイヤモンドは、G.I.A.(米国宝石学会)の品質評価国際基準に基づいた”4C”と呼ばれる4つの基準から評価されています。

4Cとは、Color(カラー)、Clarity(クラリティ)、Cut(カット)、Carat(カラット)の各頭文字のCを指しています。

① Color | 色

ダイヤモンドの色を指します。
色合いは、無色透明を最高のグレードとし、D~Zカラーまでの23段階にグレード付けされます。ちなみに、魅力的な色の付いたダイヤは非常に高価で、ファンシーカラーと呼ばれます。D~Zの基準に含まれず、色の美しさで価値が決まります。

② Clarity |透明度

ダイヤモンドが元々有する天然の内包物の量を指します。
クラリティは、内包物が全くないものを最高のグレードとし、10倍拡大でFLからI3まで11段階にグレード付けされます。

③ Cut | 輝き

カッティングの美しさ、研磨の質を指します。
ダイヤモンドは輝きは、ブライトネス(白色光)・ファイヤー(虹色)・シンチレーション(煌き)の3つの要素からなります。その輝きを引き出すのはカットです。ExcellentからPoorまでの5段階で評価され、エクセレント評価のダイヤモンドが最も理想的に輝きます。

④ Carat | 重さ

宝石の「重さ」の単位のことを指します。(1carat = 0.2g)
カラットというと「大きさ」をイメージすると思いますが、カラットは重さの単位です。

 

 

ダイヤモンドのシェイプについて

ダイヤモンドの外見についても、それぞれに特徴がありそれぞれの魅力があります。下記を参照ください。

 

ラウンドブリリアントカット

丸型でバランスの取れた優雅なきらめきが特徴。ダイヤモンドのカッティングでは最も人気の高いシェイプです。58面体から成り、ダイヤモンドを最も美しく魅せると言われています。4Cのバランスによって価値が決まります。

 


エメラルドカット

長方形にカットされ、直線的な強いブライトネスとダイヤモンドの透明感を楽しむことができるシェイプです。文字通り「エメラルド」によく用いられるカッティングで、エメラルドカットのダイヤモンドは市場にあまり出回らず、希少性が高いのも特徴です。アンティーク調のデザインリングにも良く使用されます。

 


ハートシェイプ

女性人気の高いハートシェイプ。見た目通りハート型のダイヤモンドは稀少な為、伝統的でロマンティックな愛を重んじる方にふさわしいダイヤモンドと言えます。

 


マーキースシェイプ

先のとがったボート型のダイヤモンド。ダイヤモンドを大きく見せる効果がありカラット数を最大限に生かすことができます。洗練された曲線と細長い形は指をきれいに見せてくれます。

 


オーバルシェイプ

楕円系のブリリアントカットで、ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドに似た輝きを放ちます。面長でスレンダーなシェイプが手元をすっきり見せる効果があります。

 

 

その他不明点などございましたら「お問合せフォーム」より、お問い合わせください。

ご注文に関しての詳細は「ショッピングガイド」をご覧くださいませ。