指名買いNO.1の”Zip(ジップ)”その魅力とは!?【RHYTHMOS/リュトモス】鹿児島レザー

キャッシュレス時代のいま。

そんな時代でも"財布"はなくてはならいないもの。

いかに使い勝手が良くて、長持ちするのか、手に馴染むのか。

毎日使うものだからこそ、選ぶときに慎重になるのが"財布"。

当店でご紹介している「RHYTHMOS(リュトモス )」は、財布をはじめ革小物を手がける鹿児島のレザーブランドです。

ひと針ひと針を手縫いで作り上げるRHYTHMOSの財布は、使い込むほどに馴染み、唯一無二の存在になります。

 

人気・知名度ともにNO.1の『Zip L』

写真:Zip L(Natural) 一般的な長財布より横幅が短く、深さのあるかたち。

RHYTHMOSの財布のラインナップの中でも、長く愛され続けている代表作「Zip L(ジップ エル)」。

財布に見えないフォルムも魅力の一つですが、長く愛され続ける理由は、それだけではありません。

 

Zip L(ジップ エル)の魅力

その1 お札や小銭以外に通帳やパスポートも収納可能

写真:端まで大きく開くから取り出しやすく、ひと目でどこに何があるかわかります。

お財布は「お札・小銭・カード・領収書」が収納できて当たり前。

でも、たまに通帳記帳をしに銀行に行く時、通帳をハダカで持っていくのに抵抗がある方いませんか?

そんな時に通帳もすっぽり収まるZip L(ジップ エル)は、それを叶えてくれます。スマホを入れる方もいますよ!!

 

その2 カードスリーブが着脱可能

写真:オプションだったカードスリーブが、2019年のリニューアル時から標準でセットされています。

2019年の春にリニューアルしたZip L(ジップ エル)。

リニューアル前まではオプションだったカードスリーブが、最初からセットされています。約14、5枚のカード類もまとめて収納することができ、もちろんお札や領収書等の仕切りとしても機能し便利です。

実際に、ご愛用者の皆さまからは「他の財布を使う気にならない」「友達や家族にも使って欲しい」等、嬉しいお声を頂いています。

と、ブランドのデザイナー兼職人の飯伏正一郎さんがブログでも紹介しています。⇒chapter.3〈It is masterpiece of RHYTHMOS〉


その3 お札30枚にカードが20枚でも、膨らまずファスナーがしまる

収納力も抜群。

一般的な長財布より、Zip L(ジップ エル)は、高さが11cmあります。

財布はたくさん入れると膨らみ、その分高さに余裕がなくなってしまうため、少し深めに設計することで、膨らんで見えず、ファスナーも閉まります。

 

その4 財布に見えないフォルム

写真:albino(アルビノ)と、black(ブラック)

お財布に見えないこのフォルムも特徴的。

「1万円札入りますか?」

と聞かれることも多いZip L(ジップ エル)ですが、一般的な長財布より横幅が短く作られています。

一般的なサイズ 約横19cm × 縦10cm

Zip L サイズ 約横18cm × 縦11cm

一万円札 横16cm × 縦7.6cm

一万円札を入れても、最低限のゆとりをもって収まり、十分な大きさに感じます。

 

Zip L ¥29,800 +TAX

商品ページ


⇒ RHYTHMOS商品一覧はこちら

RHYTHMOSの魅力!ラインナップ徹底比較

 

女性人気NO.1&トレンドのミニ財布『Zip S』

写真:女性の手のサイズにもはまるZip S。カラーは、choco(チョコ)。

人気のZip L(ジップ エル)を小さくしたZip S(ジップ エス)は、女性の手の大きさにしっくりくるサイジング。

ここ最近では、小さいカバンがトレンドになっていることから、セカンド財布として「ミニ財布」をお求めになる方も増えています。

 

写真:中央のファスナーが仕切りとしても小銭の収納も可。

お札は二つ折りで収納可能。

最低限の小銭とカードだけあればいい。キャッシュレス派に移行している方やこれから考えている方には、利便性抜群です。

 

写真:お札は2つ折りで収納できます。
写真:Zip Lにはない、ブランドロゴが刻印されています。


Zip S ¥19,800 +TAX

商品ページ


⇒ RHYTHMOS商品一覧はこちら

RHYTHMOSの魅力!ラインナップ徹底比較

 

飾りだけではない!?ジッパーのリング金具

写真:Zipシリーズのしっぽ部分

フォルムやデザインにもこだわっているRHYTHMOSですが、写真のリング状の金属パーツにもデザイナーのこだわりがあります。

Zip(ジップ)のLとS、どちらもジッパー(ファスナー)が特徴的なモデルですが、ジッパーを閉める時のグリップとして使っていただくと、滑り落ちず便利です。

さらに、利き手を選ばないというメリットも◎

左利きの方でも不便に感じない、そこまで考えている。そのブランドの想いが、リピーターの多さに表れているんだと思います。



⇒ RHYTHMOS商品一覧はこちら

RHYTHMOSの魅力!ラインナップ徹底比較

 

-------------------------

革製品の良さは、使い込んでいくにつれて自分色に変化していくこと。

劣化という言葉ではなく、時間をかけて育んだお気に入りの革財布は、唯一無二の1点ものになることでしょう。

そんな出会いがありますように。お気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

こちらのブログをご覧の方におすすめの記事

RHYTHMOSの魅力!ラインナップ徹底比較

⇒ コインポケットがトレー状に!”Box(ボックス)”の魅力

⇒ 機能性で選ぶなら"FLAP(フラップ)"王道の2つ折り財布

⇒ 自分の好みで多様性のRollの魅力