コインポケットがトレー状に!”Box(ボックス)”の魅力【RHYTHMOS/リュトモス】鹿児島レザー

キャッシュレス時代のいま。

そんな時代でも"財布"はなくてはならいないもの。

いかに使い勝手が良くて、長持ちするのか、手に馴染むのか。

毎日使うものだからこそ、選ぶときに慎重になるのが"財布"。

当店でご紹介している「RHYTHMOS(リュトモス )」は、財布をはじめ革小物を手がける鹿児島のレザーブランドです。


ひと針ひと針を手縫いで作り上げるRHYTHMOSの財布は、使い込むほどに馴染み、唯一無二の存在になります。

 

2019年のリニューアル時にリリース『Box L』

写真:Box L (albino)

 

2019年にリニューアルした際に新しくリリースされた形。

一見普通の長財布に見えるBox L。 このお財布、実は開くと...

 

Box L (ボックス エル)の魅力

その1 1アクションでトレー状に大きく開くコインポケット

こちらはテーブルでのお会計が主流のパリのカフェやレストランで、ウエイターが使っている「ギャルソン財布」と呼ばれる形をアレンジしています。

大きく開くコインポケットはスマートにお会計ができるよう考えられています。 キャッシュレス化が進んでいますが、まだまだ現金派という方も多くいらっしゃいます。 お財布選びで、小銭の取り出しやすさを重要視する方も多いのではないでしょうか。

吊り込みという技法を用い、蓋を自然と内側にカールさせることで小銭が滑り落ちないように工夫されています。

また、コインポケットはどうしても汚れてしまうところなので、汚れを目立たなくするため、コインポケットの内側には黒いレザーが使用されています。 お会計時にちらりと見えたお財布の中まで美しく仕上がっています。  

 

その2 縦に収納できるカードポケット

Box Lには計10個のカードポケットがついています。 縦に収納できるカードポケットは、取り出しやすさも抜群で、どこにどのカードがあるかもすぐにわかります。

Box L ¥26,800 +TAX

商品ページ

 

  ⇒ RHYTHMOS商品一覧はこちら

RHYTHMOSの魅力!ラインナップ徹底比較

 

トレンドのミニ財布『Box S』

Box Lをそのまま小さくしたモデルBox S。

財布が小さくなればなるほど、小銭が取り出しにくくなってしまいますが、Box Sは小さくなっても大きく開くコインポケットは健在!

これなら小さいお財布でも小銭を探しやすく、気が付いたらお財布が小銭でパンパンだったなんてこともありません。

お札は二つ折りで収納可能。

カードの収納は4ポケットと最低限なので、カードを多く持たない方や、旅行用のセカンド財布としてもおすすめです。  

手に収まるサイズ感。

財布のカラーと、コインポケットの黒いレザーとのコントラストも楽しめます。   内側にはRHYTHMOSのブランドロゴが刻印されています。  

Box S ¥22,800 +TAX

商品ページ

 

⇒ RHYTHMOS商品一覧はこちら

RHYTHMOSの魅力!ラインナップ徹底比較

 

-------------------------

革製品の良さは、使い込んでいくにつれて自分色に変化していくこと。

劣化という言葉ではなく、時間をかけて育んだお気に入りの革財布は、唯一無二の1点ものになることでしょう。

そんな出会いがありますように。お気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

こちらのブログをご覧の方におすすめの記事

RHYTHMOSの魅力!ラインナップ徹底比較

⇒ 指名買いNO.1の”Zip(ジップ)”その魅力とは!?

⇒ 機能性で選ぶなら"FLAP(フラップ)"王道の2つ折り財布

⇒ 自分の好みで多様性のRollの魅力